淡路

  • 印刷
県知事賞に輝き、表彰される門口佐代子さん=洲本市塩屋1
県知事賞に輝き、表彰される門口佐代子さん=洲本市塩屋1

 現在の兵庫県南あわじ市出身の俳人、永田青嵐を顕彰する全国俳句大会の表彰式が23日、同県洲本市文化体育館であった。11回目となる今年は、国内外から過去最多の7366句の応募があり、俳誌「ホトトギス」名誉主宰で高浜虚子の孫、稲畑汀子さんらが入賞作20句を選んだ。淡路島内からは5人の作品が入賞した。

 一般の部の県知事賞に選ばれたのは、門口佐代子さん(71)=洲本市=の「露の世の糧と成りたる俳句かな」。門口さんは「悲しい出来事も多い世の中だが、俳句を詠むことが日々の生活の支え」と句に込めた思いを語った。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ