淡路

  • 印刷
献花台にユーカリを供える来園者ら=淡路ファームパーク・イングランドの丘
拡大
献花台にユーカリを供える来園者ら=淡路ファームパーク・イングランドの丘

 今月1日に23歳で死んだ雌コアラ「ひかり」のお別れセレモニーが24日、飼育されていた兵庫県南あわじ市の農業公園「淡路ファームパーク・イングランドの丘」で行われた。国内最高齢2匹のうちの1匹で、人間でいうと110歳を超える大往生だった。

 ひかりは豪・西オーストラリア州生まれで、2003年に同園に寄贈された。23歳の誕生日を迎えた今月1日に老衰で死んだ。

 セレモニーでは、動物飼育係長の後藤敦さん(37)が「大病をすることもなく、老衰で送り出せたことは幸せ。ひかりから学んだことを他のコアラにも生かしたい」と弔辞を述べた。来園者らは献花台にユーカリを供え、「元気でね」「今までありがとう」などとメッセージを寄せた。(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ