淡路

  • 印刷
「全国くにうみ漫画ワールドカップ」の受賞者(前列)と審査員=ハローキティショーボックス
拡大
「全国くにうみ漫画ワールドカップ」の受賞者(前列)と審査員=ハローキティショーボックス
総合大賞作品「はじまりの島 おわりの間」(パソナグループ提供)
拡大
総合大賞作品「はじまりの島 おわりの間」(パソナグループ提供)

 「国生みの島・淡路」を中心に、日本各地の伝承や神話、歴史書などを題材にした漫画コンテスト「全国くにうみ漫画ワールドカップ」の表彰式が8日、兵庫県淡路市野島平林の「ハローキティショーボックス」であった。国内外から応募された437点から、受賞作17点を選出。総合大賞には富山県小矢部市のイラストレーターEITI(エイティ)さん(24)の「はじまりの島 おわりの間」が選ばれた。(吉田みなみ)

 漫画を通して淡路島や全国に伝わる歴史の魅力をPRしようと初開催。部門は「淡路島日本遺産」と「記紀・万葉集」の二つで、「淡路島-」は日本遺産に認定された四つの物語がテーマの「総合大賞部門」と、淡路島日本遺産委員会が制作したゲームが題材の「はじまりの島部門」に細分化される。審査員は漫画家の里中満智子さんや、ゲームデザイナーの堀井雄二さんらが務め、高校生以上と中学生以下に分けて受賞作品を選んだ。式典は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小。中学生以下は不参加とし、関係者のみが列席した。

 中学2年から漫画家を目指し、現在はソーシャルゲームの背景絵などを描くEITIさんは、同ゲームのキャラクターが現代にタイムスリップし、淡路島の名所を巡る物語を創作。応募を機に神話や歴史を調べ、ゲームの世界観を壊さないように気を配った。受賞を「信じられない。この結果を自信に、漫画家として成功したい」と喜んだ。

 島内からは、高校生以上の部・淡路島日本遺産部門優秀賞に淡路市の沖田敦也さん(30)を選出。中学生以下の部では、同賞に同県南あわじ市のSayuさん(10)、はじまりの島部門優秀賞に淡路市の田中優奈さん(7)、淡路島日本遺産部門奨励賞に同市の高崎大起さん(15)が選ばれた。受賞作は同コンテストのホームページで近日中に公開予定。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ