淡路

  • 印刷
淡路県民局が開いた淡路地方本部会議=洲本総合庁舎
淡路県民局が開いた淡路地方本部会議=洲本総合庁舎

 兵庫県の淡路島で初めて新型コロナウイルスの感染患者が確認されて一夜明けた1日、淡路県民局や島内3市は緊急の会合を開くなど対応に追われた。県によると患者は、プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手が訴えたように嗅覚の障害が見られたという。県は濃厚接触者の調査を進めている。(上田勇紀、内田世紀、赤松沙和、高田康夫)

 県の3月31日時点の発表によると、陽性が確認された患者は、感染が相次いでいる京都産業大(京都市北区)の20代男子大学生で、県洲本健康福祉事務所管内(淡路市、洲本市、南あわじ市)の居住。これまでも伊丹健康福祉事務所管内(伊丹市、川西市、猪名川町)などの発表にとどめているケースがあり、県は自治体名を発表しないことについて「全国的に見れば県は公表している方で、本人の意向も踏まえた措置」と説明した。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ