淡路

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は10日、淡路島内で2人目の新型コロナウイルスの陽性患者が確認されたと発表した。淡路市に住む40代の無職女性で、現時点で感染経路は不明という。

 島内では3月31日、京都産業大の20代男子大学生の感染が確認された。これまでの調査では、女性はこの大学生と無関係といい、県は「現時点ではどこで感染したか不明」としている。

 県によると女性は4月2日に38度の発熱があり、3日にせきも出て医療機関を受診。9日に感染症指定医療機関を受診し、10日にPCR検査で陽性が確認された。軽症といい、10日夕時点で入院調整中。濃厚接触者は同居家族にとどまっているという。

 淡路市は同日夕、緊急対策本部会議を開いた。門康彦市長は「市にとって厳しい状況になる可能性がある。情報を収集ししっかりと対応を」と指示した。(上田勇紀、内田世紀)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(3月6日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ