淡路

  • 印刷
洋裁の技術を生かしマスク作りに励む津名縫製の中原美代子さん=淡路市生穂
拡大
洋裁の技術を生かしマスク作りに励む津名縫製の中原美代子さん=淡路市生穂

 裁縫一筋70年のおばあちゃんが作る、布製のマスクが人気を集めている。兵庫県淡路市生穂で「津名縫製」を営む中原美代子さん(88)が、経験と腕を生かし製作。「マスクを買えず困っている人のため」と、服を縫う仕事を中断してミシンに向かう。(内田世紀)

 中原さんは10代の頃から、島内や大阪の洋裁学校で技術を習得。20代後半で津名縫製を立ち上げ、多いときで40人の縫い子を束ねた。優れた技量が買われ、神戸のワールドなど大手アパレルメーカーの仕事を受注。現在も一人で工場を守り、着物のリメークなどを請け負う。

 新型コロナウイルスでマスク不足が深刻となる中、中原さんは友人のために作り始めた。市販品を参考に型紙から作り、綿やガーゼの布を数枚重ねて裁断。型崩れを防ぐため縫製とアイロン掛けを繰り返し、補強のステッチにもこだわった。白や黒だけでなく、カラフルなイラスト入りなどデザインも工夫。朝から晩まで作業を続け、1日に30枚ほどを仕上げている。

 近くでカフェを開く長女が会員制交流サイト(SNS)で紹介したところ、「絵柄がかわいくてフィット感が良い」「軽く洗えば形が元通りになる」と評判に。中原さんは「人の役に立てるのはありがたい。感染が収まるまで続けたい」と話す。大人用500~650円、子ども用400円。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(9月29日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 26℃
  • 14℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ