淡路

  • 印刷
淡路島内3市長と淡路県民局長の4人が共同で開いた会見=洲本市塩屋1
拡大
淡路島内3市長と淡路県民局長の4人が共同で開いた会見=洲本市塩屋1

 兵庫県の淡路島内3市の市長と亀井浩之・淡路県民局長が28日、洲本市内で会見し、ゴールデンウイーク(GW)期間中、淡路島外からの不要不急の往来などを控えるよう求める共同声明を出した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。島内の人に向けても、必要のない外出や移動の自粛を求めた。

 共同声明は「淡路島からの切実なお願い」というタイトル。「県および淡路島3市から、淡路島民をはじめ、淡路島以外の方々に対し、改めて不要不急の外出・移動、帰省や旅行による往来を真に控えていただくよう、緊急かつ切実に要請いたします」などと呼び掛けている。

 緊急事態宣言の中、多くの観光施設などが休業し、これまでも不要不急の外出や往来の自粛を求めてきたが、今月25、26日の土日には海沿いで釣りやバーベキューをしたり、バイクで行楽を楽しんだりする人の姿が見受けられ、来島者も多くいたという。

 淡路島市長会の会長を務める守本憲弘・南あわじ市長は「淡路島は高齢化率が高く、感染がまん延した場合、対応が困難になる可能性が高い。皆さまと一丸となって困難を乗り切って参りたい」と話した。(上田勇紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ