淡路

  • 印刷
コロナ危機脱出へ、クラウドファンディングの活用を呼び掛ける浜田智基取締役=浜田屋本店
拡大
コロナ危機脱出へ、クラウドファンディングの活用を呼び掛ける浜田智基取締役=浜田屋本店

 全国的な人気を誇る「淡路島ソース」を製造する浜田屋本店(兵庫県洲本市安乎町平安浦)が、新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受け工場存続の危機に立たされている。浜田智基取締役(31)はインターネットで小口資金を募るクラウドファンディング(CF)で支援の呼び掛けを開始。想像以上の反響があったことから「経営難に陥った島内の業者も試してみては」と呼び掛ける。(内田世紀)

 土産物など観光業への販路が7~8割を占める同社は、外出自粛の影響から売り上げが半減。工場は週1日しか稼働できない上、今後は多くの返品が想定されるという。

 そうした中、浜田さんは民間のCFサイト「キャンプファイヤー」がコロナ危機を支援するサービスを提供していると知り、賛助の呼び掛けを決意。CF開設の承認を得る2週間の準備作業を経て、25日に同サイトで開始した。

 支援を希望する人は、1口1500円~1万円を出資。金額よりも割高(一部例外あり)な淡路島ソースやタマネギスープなどのセットを返礼品として受け取る。浜田さんは当初の目標額を100万円に設定したが、開始から6日で80万円に迫る勢い。自社通販サイトの売上高をはるかに超えるという。

 「観光客の激減で困っている同業者にも勧めたい」と浜田さん。「島には魅力ある業者が多い。スマートフォンがあればできるので、小さなことからでも始めてみては」と話す。浜田屋本店のCFは5月30日まで。「キャンプ-」へは同社のホームページから入ることができる。浜田屋本店TEL0799・28・0330

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(8月6日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ