淡路

  • 印刷
来訪者が少ない淡路SA(下り)。大観覧車も運転を休止中=淡路市岩屋
拡大
来訪者が少ない淡路SA(下り)。大観覧車も運転を休止中=淡路市岩屋
炬口漁港公園の閉鎖を知らせる看板=洲本市炬口1
拡大
炬口漁港公園の閉鎖を知らせる看板=洲本市炬口1

 新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、外出自粛が呼び掛けられている今年のゴールデンウイーク(GW)。例年なら観光客でにぎわっている淡路島内の観光地はどんな様子なのか。後半の5連休初日となった2日に取材して回った。(吉田みなみ)

 例年はGW期間中だけで約4~5万台の車が訪れるという神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリア(SA)下り線(淡路市岩屋)。明石海峡が見渡せる「大観覧車」は4月中旬から運休し、弁当やパンを販売する売店とフードコート以外は営業を休止していた。

 空いている場所が目立つ駐車場横のベンチでバイクの男性(45)に声を掛けた。中学生の娘と、西宮市からのツーリング途中という。「休校が続く娘も含め、気分転換がしたかった。弁当も持参しており、人との接触なく過ごすつもり」

 SAの担当者は「『淡路島に来て』と言えないのはつらいが、今は外出を避けるべきだ。仕事や事情がある人もいるので、今は感染防止に努めたい」と話す。

 洲本市の炬口漁港では、釣りなどのレジャーが4月末から禁止された。それまで多くの釣り客がいた炬口漁港公園は閉鎖され、人はいなかった。一方、洲本川を挟んで南側の洲本港では堤防で釣りをする人の姿も。近くからは、深日洲本ライナーが2日から運航するはずだったが延期され、開始のめどは立っていない。

 洲本温泉街も人の姿はほとんどなかった。島内で10カ所の旅館やホテルを運営するホテルニューアワジは6日まで臨時休業中。駐車場は封鎖され、役目を果たせないマイクロバスのみが止まっていた。

淡路の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ