淡路

  • 印刷
観潮船を背景に船上ガイドを撮影するフィールドコムの社員ら=南あわじ市福良港
拡大
観潮船を背景に船上ガイドを撮影するフィールドコムの社員ら=南あわじ市福良港

 新型コロナウイルスの影響で休業や営業自粛が続く兵庫県の淡路島内の観光施設や飲食店。感染拡大が収束すれば、再び観光客に足を運んでもらおうと、映像制作などを手掛ける南あわじ市の「フィールドコム映像制作事業部(Silver Next Lens)」が島の魅力を発信する動画を制作している。「動画を通して『島に来たい』と思ってもらえれば」と意気込む。(吉田みなみ)

 4月末から撮影を始め、今月1日には同市内の飲食店主や農家らが「頑張ろう淡路島」「負けへんで」などとメッセージを発信する第1弾の動画を同社のフェイスブックで公開した。撮影担当の神木沙耶さん(29)は「さまざまな業種の人たちがコロナに苦しむ姿を見て、自分たちにできることは何かを考えた」と話す。

 5月半ばには第2弾向けの動画が、淡路人形座や慶野松原など12カ所で撮影された。鳴門海峡の観潮船を運航するジョイポート南淡路(同市福良港)では、再開に向けて操船訓練中の船を背に、船上ガイドの土井彩矢佳さん(32)が「再会に向けてうずうずしてます」と書いた紙を掲げた。土井さんは「運航が再開したら、淡路側から見られる景色や逸話などをたくさん紹介したい」と意気込む。

 春から夏にかけて新入社員研修や小学生の自然学校などでにぎわう教育研修施設「国立淡路青少年交流の家」(同市阿万塩屋町)も今は静まり返っている。中川博文総務管理係長(64)は「屋外で楽しめる活動もたくさんあるので、状況が落ち着いたらぜひ来て」と呼び掛けた。

 第2弾の動画は、同社のフェイスブックや動画投稿サイト「ユーチューブ」などで16日に公開予定。神木さんは「今後は島内全域に撮影範囲を広げ、少しでも島の人たちを応援できたら」としている。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ