淡路

  • 印刷
咲き始めたアジサイ=国営明石海峡公園
拡大
咲き始めたアジサイ=国営明石海峡公園
スタッフが心を込めて折った千羽鶴=国営明石海峡公園
拡大
スタッフが心を込めて折った千羽鶴=国営明石海峡公園

 緊急事態宣言の解除を受けて再開した兵庫県淡路市の国営明石海峡公園で、アジサイが咲き始めた。約20品種1万4千株が、6月中旬から7月上旬にかけて見ごろを迎える。臨時休園中にスタッフが新型コロナウイルス終息を願って折った千羽鶴も飾られ、来場者と思いを共にする。(上田勇紀)

 同公園は、政府の緊急事態宣言を受けて4月8日から臨時休園。その間も見ごろの花をホームページの動画で紹介し、スタッフ約40人が終息を願う千羽鶴を折り続けた。

 兵庫県での宣言解除を受けて5月26日に再開。バーベキュー広場など当面利用できない場所もあるが、梅雨入りを前に多様なアジサイが咲き始め、訪れた人たちを楽しませる。ビジター棟1階に展示した千羽鶴は12束あり、計約1万2千羽。「1日も早く新型コロナウイルスが終息しますように」というメッセージを添えている。

 「少しでも癒やしにつながれば」と同公園。6月6~26日には「夢ハッチ号」をアジサイ特別ルートで運行。夢ハッチ号に乗ったまま、間近でアジサイを楽しめる。

 詳しくは同公園TEL0799・72・2000

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ