淡路

  • 印刷
熟れたビワを収穫する親子=大石びわ観光園
拡大
熟れたビワを収穫する親子=大石びわ観光園

 淡路島特産のビワを収穫し、食べ放題が楽しめる「大石びわ観光園」(兵庫県淡路市野島蟇浦)がオープンした。来園者はみずみずしい果肉を口いっぱいに頬張った。25日まで。

 地元の農家8軒が共同で運営し、約5ヘクタールに約3千本のビワが育つ。今年は雨が少なく、甘みが凝縮して大粒の実が多いという。

 新型コロナウイルスの影響で、例年なら約70台分を受け入れるというバスツアーの予約は激減。開園前は集客を心配していたが、週末には多くの家族連れが訪れ、たわわに実ったビワを摘み取って次々と口に運んだ。明石市の女性(36)は「甘くて何個でも食べられる」と話し、男児(6)は「ビワ狩りは初めて。おいしかったからたくさん食べたよ」と笑顔だった。

 午前9時~午後4時。入園料は中学生以上1500円、4歳以上700円、3歳以下無料。同園TEL0799・82・0428

(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ