淡路

  • 印刷
行動や体調などを記録できる「コロナNO!te」
拡大
行動や体調などを記録できる「コロナNO!te」
真野貴司社長
拡大
真野貴司社長

 兵庫県南あわじ市山添の印刷会社「淡路印刷」が、新型コロナウイルス対策として、自分の行動や体調などを書き込める記録用紙「コロナNO!te(ノート)」を作った。同社は「日記代わりに日々の記録を」と呼び掛ける。

 同社の真野貴司社長(48)が発案。山形県で印刷会社を営む知人が、体温や匂い、味覚の有無など体調を記録できるノートを販売し始めたと聞き、「いつ第2波が来るか分からない状況の中、自宅や会社で自由に印刷できれば利用しやすいのでは」と、同社や同市のホームページで用紙を無料公開しようと決めた。

 ノートには体温、マスク着用の有無、勤務先が内勤か外勤かなど7項目を記録する欄や、いつどこで誰と一緒にいたか記入できるスペースを設けた。A3判とA4判の2種類ある。真野社長は「表裏に印刷すれば、用紙1枚で最大3週間分記録できる。使いやすさを意識したのでぜひ役立てて」と話す。(吉田みなみ)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ