淡路

  • 印刷
建物の一部が建築基準法などに違反している状態が続いていた温浴施設「さんゆ~館」=南あわじ市神代社家
拡大
建物の一部が建築基準法などに違反している状態が続いていた温浴施設「さんゆ~館」=南あわじ市神代社家

 兵庫県南あわじ市神代社家の温浴施設「さんゆ~館」の建物の一部が、17年半にわたって建築基準法や消防法に違反している状態だったことが分かった。南あわじ市は2018年7月に違反を指摘されていたが、その後の対応は遅く、2年近くたってようやく違反状態を解消した。(高田康夫)

 同市によると、問題になったのは、露天風呂の横にある機械室。57平方メートルあり、スチームサウナ用のボイラーなどの設備がある。同館が建設され、建築確認申請をした2001年10月時点では、屋根などで覆われていなかったが、02年4月にオープンした後の同年12月、それまで雨ざらしだった機械室を囲ったという。その際には建築確認申請を出していなかった。

 18年7月、外部から「機械室の覆いが建築基準法や消防法に違反しているのでは」と指摘されたが、同市が確認した建築士は違反ではないとの見解を示したため対応しなかった。19年3月に改めて県や消防に確認し、違反していることが分かったという。

 ただ、19年度も覆いは撤去しないまま放置。今月から建物の天井を修繕する工事を実施しており、それと同時に機械室の屋根などを撤去し、10日時点で違反は解消されているいう。

 違反の指摘から解消までに2年近くかかり、その間も通常通り営業していたことについて、同市健康課は「違反を確認したときには、すでに19年度予算が決まっており、緊急性がないという認識だった」としている。

淡路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ