淡路

  • 印刷
デビューに向けて研修中の西山瑞穂さん=洲本市宇山1
拡大
デビューに向けて研修中の西山瑞穂さん=洲本市宇山1
淡路交通初の女性運転手、西山瑞穂さん=洲本市宇山
拡大
淡路交通初の女性運転手、西山瑞穂さん=洲本市宇山

 淡路交通(兵庫県洲本市宇山1)にこの春、創業以来初の女性運転手、西山瑞穂さん(41)が入社した。新型コロナウイルスの影響でバス業界も厳しい状況が続くが「目標は高速バスの運転。明石海峡大橋を渡って、三宮のバスターミナルに止めたい」と意気込む。

 南あわじ市出身の西山さんは高校を卒業後、奈良県でバスガイドになった。当時は女性ドライバーが増えつつあり、「漠然とかっこいいなと思っていた」と振り返る。

 その後、島内でバスガイドをしながら28歳で大型2種免許を取得。コミュニティーバスや社用バスの運転手を務めたが、6年前に契約の関係で初めてバスの仕事から離れることに。四角い外観から、運転手が大きなハンドルをさばく姿、乗り心地まで、バスの全てが魅力的という西山さん。「やっぱりバスが好き」と運転への思いは募った。

 淡路交通は今年2月、事務所移転に伴って施設を整備し、女性専用の休憩室やトイレを完備。知人から女性運転手を募集すると聞いた西山さんは、早速見学会に参加し、応募した。

 現在は、7月に予定する路線バスの運転デビューに向けて研修中。「日々努力。研修は難しいけど、毎日バスに乗れて幸せです」とほほ笑む。同社の担当者も「明るく話しやすい雰囲気で、お客さんも喜んでくれると思う」と話す。

 目指すは、安心安全な運転と、気軽に声を掛けてもらえるドライバーになること。「最初は不安もあったけどいい職場。私に続いて、女性ドライバーが増えてくれたらうれしい」と力を込めた。(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ