淡路

  • 印刷
多くの花房に青紫の花を咲かせるジャカランダ=淡路市
拡大
多くの花房に青紫の花を咲かせるジャカランダ=淡路市

 日本では花が咲きにくいとされてきた南米原産の落葉樹「ジャカランダ」が、昆陽圓(こんようまるし)さん(81)=兵庫県淡路市=の庭で開花した。5年連続で花の数は過去最多。近隣住民や園芸愛好家が足を止め、青紫色の花房を見上げている。

 昆陽さんは20代の頃、仕事でアフリカに赴任。街路樹などで親しまれるジャカランダの写真を、日本で待つ妻隆子さんに送った。約20年後の1990年頃、店先で売られていたジャカランダの種を隆子さんが見つけ、庭で栽培を開始。長年花は咲かなかったが、2010年に突然花を付けた。その後、16年に再び開花。以降毎年咲き続ける。

 今年は5月中旬になっても葉が少なく「枯れたのか」と諦めかけていたが、下旬に花芽を確認。見る見るうちに花房が増えたという。昆陽さんは「気候の変動は心配だが、見応えのある花はやはりうれしい。6月いっぱいは楽しめそう」と話す。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ