淡路

  • 印刷
淡路島が誇る逸品料理のハモすき。「夏近し」を告げる
拡大
淡路島が誇る逸品料理のハモすき。「夏近し」を告げる
淡路ビーフ=淡路市塩田新島(撮影・大山伸一郎)
拡大
淡路ビーフ=淡路市塩田新島(撮影・大山伸一郎)

 ハモ料理や淡路ビーフを給食で-。兵庫県淡路市は7月から月に1度、地元の高級食材を使った「夢と希望のふるさと給食」を、全小中学校で提供する。新型コロナウイルスによる休校などで不自由を強いられた子どもたちを励まし、地場産業を支援する狙い。市教育委員会は「丈夫な体をつくり、思い出もつくる。喜びを持って味わってほしい」とする。(内田世紀)

 同市は日頃から地産地消を意識したメニューを構成し食育を推進するが、今回は「コロナに負けるな」と食材をグレードアップ。期間は7月から来年3月までの9回を予定する。

 1回目は来月7日で、ハモのタレ焼き丼を提供。2回目以降は淡路ビーフのビフカツなどを予定する。1食の単価は500円程度を想定し、給食費との差額は国が新型コロナ対策とする第2次補正予算などで賄う。

 同市教委の日下芳宏教育部長は「子どもたちが古里に目を向ける機会にしたい。友達とのつながりや地域とのつながりを大切に、皆で苦境を乗り越えたい」と話す。

 25日、市会6月定例会本会議で関連する一般会計補正予算案が可決された。本会議は他に、「種苗法の一部を改正する法律案」の廃案などを求める請願1件を継続審査とし、閉会した。

淡路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ