淡路

  • 印刷

 淡路島(兵庫県)内3市長が2019年に得た所得や資産などの公開が30日、始まった。報告書は各市役所で閲覧できる。

 洲本市の竹内通弘市長の所得総額は1383万円で前年比1万円増。内訳は給与所得1285万円、不動産所得57万円、配当所得6千円、雑所得40万円。

 当座や普通を除く預金総額は938万円、借入金は68万円。今年4月1日時点で、報酬を受け取っている関連会社・団体の役職は前年と同じ八つ。

 淡路市の門康彦市長の所得総額は1252万円で、給与所得のみ。給与改定により18年から5万円増えた。不動産や有価証券、預金などの補充資産はなかった。関連会社・団体の役職は三つで、淡路広域消防事務組合の管理者などを務める。

 南あわじ市の守本憲弘市長の所得総額は1308万円。給与所得のほか駐車場として土地を貸し、23万円の不動産所得があったため、昨年より36万円増えた。関連会社・団体の役職は七つだった。(赤松沙和、内田世紀、高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ