淡路

  • 印刷
生子惠司会長(右から2人目)から感謝状を受け取った畑崎廣敏理事長(同3人目)=洲本市役所
拡大
生子惠司会長(右から2人目)から感謝状を受け取った畑崎廣敏理事長(同3人目)=洲本市役所

 大手アパレルメーカー「ワールド」(神戸市中央区)創業者で、旧五色町出身の畑崎廣敏さん(83)が設立した畑崎財団はこのほど、子どもたちへの新型コロナウイルス感染対策費として、兵庫県洲本市に656万円を助成し、市から感謝状が贈られた。

 同財団が県ゆかりの個人や団体の活動を支援する「畑崎未来奨励助成」で、市は助成金でマスク10万枚と消毒液千本を購入。6月中に、市内の幼稚園や小中学校などの社会教育施設計約60カ所に配布した。

 市役所であった感謝状贈呈式には、同財団の理事長を務める畑崎さんが出席。市小中学校長会の生子惠司会長は「大変ありがたい」と話し、感謝状を手渡した。畑崎さんは「いつコロナの第2、3波が来るか分からない。地元の子どもたちの役に立ち、大事に使ってもらえたら」と話した。(赤松沙和)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(8月11日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 37℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ