淡路

  • 印刷
「夢と希望のふるさと給食」の第1弾、ハモ丼を味わう生徒たち=津名中学校
拡大
「夢と希望のふるさと給食」の第1弾、ハモ丼を味わう生徒たち=津名中学校

 コロナ禍からの再起を願う「夢と希望のふるさと給食」が7日、兵庫県淡路市の小中学校で始まった。子どもたちは地元で取れたハモ料理を味わい、「おいしい」と歓声を上げた。

 休校などで不自由を強いられた子どもたちを励まし、地場産業を支援しようと市教育委員会が発案。来年3月までの月に1度、淡路産の高級食材を使ったメニューを提供する。

 津名中学校3年生の教室では、栄養教諭が「近くの塩田漁港で水揚げされた」「淡路のハモは全国的に有名」などと説明。生徒たちはタレ焼きのハモをご飯に載せ、そうめん汁などと共に味わった。

 男子生徒(14)は「ハモの風味と軟らかな食感が素晴らしかった。この味を求めて、多くの人が淡路に来てくれたらうれしい」と話していた。2回目以降は淡路ビーフのビフカツなどを予定している。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ