淡路

  • 印刷
一夜限りの花を咲かせる月下美人=14日夜、淡路市富島
拡大
一夜限りの花を咲かせる月下美人=14日夜、淡路市富島

 はかなくも華麗な月下美人の花が14日夜、兵庫県淡路市富島の飲食店「真心(マミー)」の店先で開花した。「過去最多」という約70輪が咲き誇り、住民らが一夜限りの花模様に酔いしれた。

 サボテン科の多肉植物で、夜に咲き始め翌朝にはしぼむ。店主の倉本肇さん(74)が阪神・淡路大震災の直後、「被災地に癒やしを」と1株の栽培を開始。挿し木などで殖やし、現在3株が高さ2メートル以上に育つ。冬の寒さ対策や施肥の工夫など手を掛けると、5年ほど前から初夏と秋に多くの花が咲くように。今回も約130のつぼみを付けた。

 14日は1日だけある開花の集中日。午後8時すぎ、花が開き始めると辺りには甘い香りが漂った。近くの主婦らが次々と訪れ、車のライトで照らして観賞。「花のカーテンみたい」「一晩だけなんてもったいない」とため息をついた。倉本さんは「花の数は減るが、16日夜までは咲くだろう」と話していた。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ