淡路

  • 印刷
“里親”を募集しているスズムシ=南あわじ市社会福祉協議会
拡大
“里親”を募集しているスズムシ=南あわじ市社会福祉協議会

 兵庫県南あわじ市社会福祉協議会は、ボランティアがふ化させたスズムシの“里親”として飼い主を募っている。1週間から10日ほどで成虫になり、涼やかな音色を響かせそうだ。

 スズムシを提供しているのは同市の里村誠生(のぶお)さん(81)。神戸新聞社が主催する「淡路スズムシ学校」で学び、長年飼育に取り組んでいる。昨年は大量にふ化し、同市社協で大々的に飼い主を募集。「お盆に帰省する孫のために」「隣の子どもにあげたい」などと島内各地の人々が里親に名乗り出た。

 今年も里村さん宅では6月初旬に4千~5千匹が生まれ、来年にかけては庭でのふ化にも挑戦するという。新型コロナウイルスの影響で今年のスズムシ学校は開催が見送られたが、里村さんは「少しでも子どもたちの夏の楽しみになれば」と話す。

 希望者は容器持参で、南あわじ市広田広田の市社協へ。市社協TEL0799・44・3007

(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ