淡路

  • 印刷
試合後に淡路ビーフが贈られたイニエスタ選手((C)VISSEL KOBE)
拡大
試合後に淡路ビーフが贈られたイニエスタ選手((C)VISSEL KOBE)

 7月4日から再開したサッカーJ1リーグで、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)のホームゲームで活躍したヴィッセル神戸の選手に、兵庫県産ブランド牛肉が贈られている。同月26日のガンバ大阪戦では、アンドレス・イニエスタ選手に淡路ビーフが贈呈された。(赤松沙和)

 新型コロナウイルスの経済対策として県などが実施し、ヴィッセル神戸もPRに協力する観光支援事業「Welcome to Hyogoキャンペーン」の一環。県の特産品をPRして消費を喚起しようと、12月までのホームゲーム全16試合で、牛がモチーフのクラブマスコット「モーヴィ」にちなんで、神戸ビーフ▽三田肉・三田牛▽淡路ビーフ▽湯村温泉但馬ビーフ-の5万円相当のステーキ肉を順番に選手へ贈る。

 26日は淡路ビーフの初回で、淡路ビーフブランド化推進協議会は「選手においしく食べてもらい、活躍してみんなに元気を与えてもらえたら」と話す。

 また、県産ブランド和牛を5千円以上購入、飲食すると千円分のビーフ券がもらえる県の販売促進事業には、淡路ビーフを扱う島内外32店舗が参加中。9月末までで、コロナ禍で落ち込んだ消費の回復を目指す。

淡路の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ