淡路

  • 印刷
迫力満点のジオラマが待ち受ける「ゴジラミュージアム」=淡路市楠本
拡大
迫力満点のジオラマが待ち受ける「ゴジラミュージアム」=淡路市楠本

 兵庫県立淡路島公園(同県淡路市)にある体験型テーマパーク「ニジゲンノモリ」に8日、新施設「ゴジラミュージアム」がオープンする。ゴジラ映画の一場面を再現した迫力あるジオラマや、怪獣のフィギュア、映画資料などが並び、その世界観に引き込まれる。

 総合人材サービス・パソナグループ(東京)の現地子会社が運営。新型コロナウイルスの影響で、世界最大となる等身大ゴジラの新アトラクションは開設が遅れている。先行して、アトラクションの一部であるミュージアムを期間限定で開く。

 ゴジラ映画の特撮美術を担ってきた東宝映像美術が協力。映画撮影にも使われたゴジラスーツも使って名シーンを再現するなどしている。「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」(2003年公開)、「シン・ゴジラ」(16年公開)のジオラマや、怪獣フィギュア約80体といった貴重な展示が楽しめる。

 「世界初の常設型施設。幅広い世代に見てほしい」と担当者。ショップではゴジラグッズを販売する。先行オープンは31日まで。入場料大人千円、子供800円(5~11歳、ワークショップ料金を含む)。午前10時~午後6時(最終入場午後5時)。(上田勇紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ