淡路

  • 印刷
カメラの前で歌や踊りをする職員=洲本中央公民館
拡大
カメラの前で歌や踊りをする職員=洲本中央公民館

 新型コロナウイルスの影響で、地域での交流機会が少なくなる中、洲本子育て学習センター(兵庫県洲本市山手3)がオンラインでの親子教室を始めた。画面越しに歌やダンスを楽しんでもらい、少しでも笑顔を増やしたいと願う。(赤松沙和)

 同センターには現在、0歳から就学前までの親子122組が登録する。新型コロナの感染拡大を受けて4、5月は電話相談のみ実施し、6月からは人数制限などの対策をしながら少しずつ行事を再開してきたが、月数回の親子交流の場は休止したままとなっている。

 そこで「少しでも人と人がつながれる機会を」と、テレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ったオンラインの教室を企画した。6月から通信環境などを調整し、7月になって定期開催にこぎ着けたという。

 教室の開始時間が近づくと、同センターのパソコン画面には続々と参加親子の姿が映り始める。両親教育インストラクターの職員が呼び掛けると子どもたちは一斉に笑顔で返事。一緒に歌やダンスを楽しんでいた。講師の女性(56)は「大きな行事は軒並み中止で残念だが、オンラインを通じて子どもたちの元気な姿が見られたら」と話す。

 同センターへの登録は、島内在住か実家が洲本市内にあれば可能。教室は月5、6回で、午前11時から30分程度。同センターTEL0799・24・3374

淡路の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ