淡路

  • 印刷

 兵庫県淡路市は28日、2019年度の決算見込みを発表した。一般会計で歳入と歳出の差から次年度へ繰り越す財源を除いた「実質収支」は2億2700万円の黒字で、新市発足以降15年連続で黒字を維持。健全化の目安となる財政指標も改善を続ける。

 収入に対する負債返済割合を示す実質公債費比率は14・5%(18年度比0・2ポイント減)、将来支払う可能性がある負債の一般会計に対する比率を示す将来負担比率は157・5%(同16・4ポイント減)でいずれも改善した。地方債残高は、18年度比10億9800万円減の398億9600円。合併時43億1500万円だった基金残高は137億2400万円まで増えた。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ