淡路

  • 印刷
淡路人形座時代に淡路花博の関連イベントに出演した木田朱美さん(右奥)。鶴澤友吉の芸名で活躍した=2015年4月、洲本市文化体育館
拡大
淡路人形座時代に淡路花博の関連イベントに出演した木田朱美さん(右奥)。鶴澤友吉の芸名で活躍した=2015年4月、洲本市文化体育館
三味線を奏で、地域住民に浄瑠璃を指導する木田朱美さん=南あわじ市内
拡大
三味線を奏で、地域住民に浄瑠璃を指導する木田朱美さん=南あわじ市内
淡路島名産のタマネギを母と収穫する木田朱美さん(左)。家族の絆と命の恵みを感じる日々だ=南あわじ市
拡大
淡路島名産のタマネギを母と収穫する木田朱美さん(左)。家族の絆と命の恵みを感じる日々だ=南あわじ市

 三味線の音、人形操り、太夫の語りで史実や伝説を人情味豊かに紡ぐ淡路島(兵庫県)の伝統芸能「淡路人形浄瑠璃」。500年の歴史を誇り、国重要無形民俗文化財にも指定される舞台芸術の担い手が、新型コロナウイルスで人生観を変え、今夏から農家に転身した。同県南あわじ市のプロ団体「淡路人形座」の演者だった木田朱美さん(46)=同市=は家業に入り、島名産のタマネギのインターネット販売にもチャレンジ。どんな心境だったのか-。(佐藤健介)

 赤茶色に輝くタマネギをひもで束ね、吹きさらしの小屋の骨組みにびっしりとつり下げる。甘みとうま味を凝縮するための知恵だ。重いタマネギを繰り返し持ち上げては、汗を拭う。

 淡路人形座時代は経験がなかったハードな作業。それでも、「郷土のおいしいものを届ける仕事。とてもやりがいを感じる」と充実した表情。そして、苦笑いしてこうも話した。

 「人形座は人生そのもの。やめるとは思っていなかった。この春までは」と。 

■芸は一生が修業

 小学校2年生の時に人形浄瑠璃を始めた。中学と高校の部活動で打ち込み、義太夫節三味線の人間国宝、鶴澤友路(つるざわともじ)さん=故人=に師事。「芸は一生が修業」との教えを胸に、物語の筋や登場人物のせりふを情感たっぷりに聞かせる太夫の声色、劇を盛り上げる太棹(ふとざお)三味線の重厚な響き、登場人物をかたどった人形の繊細な動きを磨いた。

 高校卒業後の1992年に淡路人形座へ入団し、「鶴澤友吉(ともきち)」の芸名で舞台に立ち、海外公演も重ねた。物語で描かれる主従の義理人情や家族愛に感涙する観客の姿に「人の心を動かせる仕事についてよかった」と誇らしくなった。

 「これしかない。そう信じた道を全うする」。芸人として抱いた人生観を一変させたのは、コロナ禍だった。感染拡大防止策として、淡路人形座が4月上旬から約2カ月間、定期公演を休業。世間では企業の雇い止めや店舗閉鎖が報じられ、出番を失った木田さんの脳裏にも暮らしの不安がよぎった。

■労働の厳しさ知る

 一筋の光となったのは、島の豊かな恵み。「食べ物を生み出せば、人は生きていける」。木田さんは公演再開までのつもりで、両親の農業を手伝い始めた。

 タマネギの収穫と出荷、水田の苗床作りと田植えなどを初めて経験。強い日差しを浴び、土と泥にまみれた。木の刈り込みでは顔を毛虫に刺され、肥料まきでは約20キロの容器を背負った。高齢の両親が長年励んだ労働の厳しさを知った。

 コロナが流行する前はずっと、「舞台で観衆の前に立つからには、日焼けは好ましくないし、筋肉痛になってもいけない」と、人形浄瑠璃の修業に集中させてくれた。気遣いが改めて胸にしみた。

 「自分にとっての『これしかない生き方』を支えてくれていたのは家族。これから家族のために生き、恩返しする。迷いも、後悔もない」。淡路人形座を7月に退団し、農家へ転身。父ががんで闘病していることも決断を後押しした。

 芸名「友吉」の「吉」を取り、「きちまる農園」と銘打った。「やるからには『きつい』『汚い』『危険』の3Kのイメージを変えたい」と農業機械の練習に励む。ほどんど操作したことのなかったパソコンも少しずつ習熟し、インターネットでタマネギを販売。農業大学講座で農業経営を学ぶなど、意欲を燃やす。

 その一方で退団後も三味線は続け、地域の高齢者や子どもらに手ほどきする。

 「食べる幸せ、文化に親しむ幸せ、ふるさとで生きる幸せを、たくさんの人に届けることができる。それは、自分の個性を生かした新たな道だ。コロナ社会は、人生のかじを取るチャンス」と熱く語った。

【淡路人形浄瑠璃】西宮の人形遣いが技を淡路島に伝えたのが源流とされる。もとは豊作・豊漁や航海の安全を祈る神事だった。江戸時代に大衆娯楽として隆盛し、島内に「座」と呼ばれる興行団体が40以上できたが、現在は「淡路人形座」だけ。南あわじ市の常設館で公演を行うほか、児童生徒らを指導して後継者育成に取り組む。全国を巡業した時に伝えた人形芝居は全国各地に残っており、大阪で「文楽」を創始した植村文楽軒は島出身。

淡路の最新
もっと見る

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ