淡路

  • 印刷
海を見渡す芝生に座り、「ワーケーション」のスタイルで意見を交わす「淡路ラボ」の学生ら=多賀の浜海水浴場
海を見渡す芝生に座り、「ワーケーション」のスタイルで意見を交わす「淡路ラボ」の学生ら=多賀の浜海水浴場

 「ウィズ・コロナ」時代の生活様式や仕事環境をコーディネートする中間支援組織「淡路ラボ」が2日、活動を開始した。兵庫県淡路市と連携協定を結ぶ大正大学(東京都)発の地域ベンチャー「次世代共創企画」(同市志筑)が運営。「ワーケーション」や「バーチャルリアリティー(VR)」などをキーワードに、多彩な事業に取り組む。(内田世紀)

 「次世代-」は、同大学地域構想研究所で専任講師を務めていた山中昌幸さん(48)が設立。今年4月、大阪市から淡路市に拠点を移した。現役の大学生らと連携し、地域の新たな価値の創出や事業開発に取り組む。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ