淡路

  • 印刷
高齢者の足を測定するシューフィッター瀬尾誠さん=洲本市内
拡大
高齢者の足を測定するシューフィッター瀬尾誠さん=洲本市内

 「本当に足に合った靴、履いてますか」。兵庫県洲本市本町5で靴店「瀬尾(せお)商店」を営むシューフィッター瀬尾誠さん(44)が、高齢者を対象とした靴の調整や靴選びの指導に力を入れている。間違った靴選びは疾病や転倒の危険があるといい、「ベストな靴を知ることが、健康な暮らしにつながる」と話す。(内田世紀)

 瀬尾さんは20年前にシューフィッターの資格を取得。現在、淡路島内でただ一人の有資格者として活動する。3年程前、祖母の福祉施設入所をきっかけに、多くの高齢者が靴の悩みを抱えていることを知った。施設長に頼まれ入所者の足と靴を調べたところ、多くの人にたこやうおのめ、外反母趾(ぼし)などの症状を確認。「ほとんどの人が足に合っていない靴を履いていた」と振り返る。

 その後、施設を回って利用者の足を測定。現在はヘルパーの紹介などで在宅の高齢者を訪ね、靴のサイズ調節や選び方の指導を続ける。これまでに100人以上を調べ、靴の購入者にはアフターサービスも徹底。多くの利用者から「履きやすい」「痛みが軽減した」と好評を得ているという。

 「近年はカタログや通信販売が普及し、履かずに靴を買う人が増えている。履いてしまうと返品ができないことも多い」と瀬尾さん。「調整で足に合わせることもできるので、あきらめずに相談してほしい」と呼び掛けている。

 足の測定は無料(要予約)、靴の調整は有料。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ