淡路

  • 印刷
巨大玉ねぎコンテストで優勝した亀渕沁一さん=三原志知公民館
拡大
巨大玉ねぎコンテストで優勝した亀渕沁一さん=三原志知公民館

 タマネギ1玉の重量を競う「第1回巨大玉ねぎコンテスト」で、1キロ超えの大物を育てた亀渕沁一さん(71)=兵庫県南あわじ市=が優勝した。三原志知公民館(同市志知佐礼尾)で展示されており、亀渕さんは「大事に育てたタマネギが認められて良かった」と喜ぶ。18日まで。

 コンテストは中生の品種「ターザン」の重さを競う。本来は9月中旬の「三原志知ふれあい文化祭」で開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で文化祭が中止になったため、参加者24人が8月末にタマネギを持ち寄って重さを量った。

 亀渕さんはタマネギを育てて約50年。記録は1079グラムで唯一1キロを超えた。南淡路農業改良普及センターによると、タマネギは2Lサイズでも約330グラムで、「1キロ超えは通常では考えられない」という。

 亀渕さんは「肥料の量と回数の調整や、大きなタマネギが育ちやすいという畝の端で育てたことが優勝につながった」といい、「『大きくなれよ』と声を掛け続けた」と話す。

 同公民館では「こども作品展」も開催中。志知小学校の児童や、志知保育所、志知幼稚園の園児らの工作や絵など約150点が並ぶ。午前8時半~午後5時。同館TEL0799・42・6343

(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ