淡路

  • 印刷
浮世絵「江戸百景」をモチーフに東京駅を表現した作品=洲本市塩屋1、洲本市民工房
拡大
浮世絵「江戸百景」をモチーフに東京駅を表現した作品=洲本市塩屋1、洲本市民工房
欧州の作家が手掛けた作品は直線的=洲本市塩屋1、洲本市民工房
拡大
欧州の作家が手掛けた作品は直線的=洲本市塩屋1、洲本市民工房
洲本をイメージしたマスキングテープ。千鳥や渦潮、タマネギなどがデザインされている=洲本市塩屋1、洲本市民工房
拡大
洲本をイメージしたマスキングテープ。千鳥や渦潮、タマネギなどがデザインされている=洲本市塩屋1、洲本市民工房

 カラフルなデザインを施したマスキングテープを使ったアート作品を集めた「mt art project at 洲本市民工房」が19日、兵庫県洲本市塩屋1の洲本市民工房で始まった。国内外のアーティスト4人が手掛けた19点が楽しめる。10月1日まで。

 テープを製造する岡山県倉敷市の「カモ井加工紙」が企画。もともとマスキングテープは塗装する際などの養生用として使われてきた。粘着力が弱くて剥がしやすいため、最近ではさまざまな色や柄のものが販売され、ラッピングや装飾などに活用されている。

 マスキングアートは、テープを切ったりちぎったりして貼り合わせ、一つの作品に仕上げていく。同社の山崎要助さん(48)によると、日本の作家は繊細な作品が多く、欧州の作家は大胆で直線的な表現が多いという。「和紙独特の柔らかさと、テープを重ねた時に透ける微妙な色具合も見どころです」と山崎さん。

 十数年前に無地の20種類から販売を始めたカラフルなテープは、これまでに2千種類以上に広がったという。会場では千鳥や渦潮など洲本をイメージした3種類をはじめ、色とりどりのテープも販売している。

 午前10時~午後6時(最終日は同5時まで)。入場無料。同工房TEL0799・22・3322

(荒川克明)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ