淡路

  • 印刷
準々決勝の魚住バファローズ戦で延長八回、懸命に本塁へ走る北淡ビーバーズの選手(右)=北淡西スポーツセンター
準々決勝の魚住バファローズ戦で延長八回、懸命に本塁へ走る北淡ビーバーズの選手(右)=北淡西スポーツセンター

 「阿久悠杯第13回瀬戸内少年野球選手権大会」(神戸新聞社主催)の2回戦と準々決勝計12試合が22日、兵庫県淡路市内で行われた。島内チームはおのころジャガーズと鮎原ガッツファイターズが4強に残り、2大会ぶりの島内勢優勝に期待が高まる。(吉田みなみ)

 北淡西スポーツセンターでは3試合を実施した。志筑少年野球団は2回戦で、昨年決勝で敗れた魚住バファローズ(同県明石市)と対戦。一回に3点を先制され、1点を返したが及ばなかった。繁田悠希主将(12)は「先輩たちに良い報告ができるよう頑張ったけど、内外野の連携がうまくいかなかった」と悔しさをにじませた。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ