淡路

  • 印刷
手作業で稲刈りを体験する子どもたち=洲本市上物部
拡大
手作業で稲刈りを体験する子どもたち=洲本市上物部

 厳島神社(兵庫県洲本市本町4)の伝統行事「稲刈り神事」が22日、洲本市上物部の神田で行われた。例年は、一般から参加者を募集して「子ども稲刈り体験教室」も行っているが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、関係者のみで稲刈りをした。

 実りの秋に感謝を込め、米作りの苦労を伝えようと、同神社青年奉賛会が毎年主催している。

 神事が執り行われた後、子どもたちが鎌を手に、慣れない手つきで稲刈りに挑戦。農家に教わりながら、ザクザクと鎌で刈り取っていった。洲本第三小4年の児童(10)は「難しかったけど楽しかった」と笑顔を見せた。

 収穫した米の一部は、11月の同神社の「弁天まつり」で奉納される。(上田勇紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ