淡路

  • 印刷
自分で描いた魚が泳ぐ様子を楽しむ子どもら=洲本市本町5
拡大
自分で描いた魚が泳ぐ様子を楽しむ子どもら=洲本市本町5

 兵庫県洲本市の商店街で土日限定で開催中の、手描きした魚の絵が映像の海の中を泳ぐ「デジタル水族館」が人気を集めている。18日までの予定で、参加者は自らデザインした魚がスクリーン上で自由に動き回る姿を楽しんでいる。

 同市内の6商店街が9月から実施中の「買い物額20%還元キャンペーン」(11月末まで)の関連イベントで、会場は洲本市56商店街(洲本市本町5)内の「HONYANOATO(ほんやのあと)」。会場では、大きな二つのスクリーンに海中の様子をプロジェクターで投影。クレヨンやペンでカラフルに描いた魚の絵を読み込むと数秒でスクリーンに登場し、参加者は「すごい」「おもしろい」と歓声を上げた。幼児(3)は「上手に描けた。楽しかった」と笑顔で見つめていた。

 各商店街でつくる洲本外町地域まちなか再生協議会の山本真人副会長(66)は「キャンペーン期間中はスタンプラリーもある。洲本の中心市街地を探索しながら多くの人に楽しんでもらえたら」と話す。

 参加無料。同キャンペーンの専用カードか、スマートフォンの地域通貨アプリ「chiica(チーカ)」の提示が必要。キャンペーン期間中は、他にもワークショップなどのイベントを予定する。同協議会事務局TEL0799・22・2571

(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ