淡路

  • 印刷
お披露目された鳴門の渦潮のラッピングバス=洲本市小路谷
拡大
お披露目された鳴門の渦潮のラッピングバス=洲本市小路谷

 洲本温泉街(兵庫県洲本市)と神戸・大阪を結ぶ高速バス「洲本温泉号」の運行が1日、始まった。発着点の「淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ」で出発式があり、出席した行政やホテル関係者ら約40人が第1便の出発を見守った。

 本四海峡バス(神戸市中央区)と西日本JRバス(大阪市)の共同運行。発着を洲本温泉街まで延伸し、運行は1日上下1便ずつの計2往復。同号を含め上下計12便では島内での乗降車も可能となった。

 出発式では、鳴門の渦潮と来年開催予定の花みどりフェアをPRするラッピングバスがお披露目され、テープカットや運転手への花束贈呈があった。洲本温泉事業協同組合の木下紘一代表理事は「路線を定着させ、より発展させていきたい」。本四海峡バスの森幸雄社長は「島の活性化には観光客の誘致が重要課題の一つ。少しでも貢献できたら」とあいさつした。

 神戸・大阪-洲本温泉間の往復乗車券と淡路市のコミュニティーバス「あわ神・あわ姫号」乗り放題をセットにした切符も販売しており、洲本温泉各ホテルで提示すると宿泊代金が割引(切符の半額分)になるキャンペーンも実施する。先着200人、12月25日まで。

 この日は、淡路市のコミュニティーバスも路線再編とダイヤ改正を実施。市の外周を大回りする「時計回り」「反時計回り」と、東西を横断する計3路線での運行を開始した。

 お問い合わせは、西日本JRバスお客様センターTEL0570・00・2424

(赤松沙和、内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ