淡路

  • 印刷
調理場と客席スペースを仕切るため、住民が手作業でカウンターを設置。オープン初日は大勢の利用客でにぎわった=尾崎ガーデンズ
拡大
調理場と客席スペースを仕切るため、住民が手作業でカウンターを設置。オープン初日は大勢の利用客でにぎわった=尾崎ガーデンズ
感染防止に効果のある屋外のウッドデッキ・テラス=尾崎ガーデンズ
拡大
感染防止に効果のある屋外のウッドデッキ・テラス=尾崎ガーデンズ

 閉園した保育所の園舎を再生した兵庫県淡路市尾崎の地域交流拠点「尾崎ガーデンズ」が2日、内外装を刷新しリニューアルオープンした。地域住民が協力し、手作りでカウンターやテラスを設置。3日まで記念イベントを開き、人気の自家製パンなどを販売する。(内田世紀)

 尾崎ガーデンズは、2014年3月に旧郡家保育所などと統合された旧尾崎保育所を活用。住民グループ「尾崎ふれあい交流広場」が運営し、コンサートや文化教室などを行う拠点施設として15年4月に生まれ変わった。毎週金、土曜に開店するサロンでは、地域の主婦らが焼くパンが好評に。地区外からも「売りに来てほしい」との声が上がっていた。

 これまでの飲食店営業許可では店外での販売ができないため、同グループは菓子製造業許可の取得を検討。条件をクリアするため、パンと料理の二つの調理場、客席スペースを仕切る工事などが必要となった。

 資金調達のため、同市の「がんばる地域・交流自立支援事業」を活用。住民が取り組むことが要件となるため、改装は地元の材木店や電気店が協力した。もの作りが得意な男性を中心に、仕切りとなるカウンターや、密を避けるためのウッドデッキ・テラスなどを設置。作業はコロナ禍による営業自粛期間中に行った。

 同グループの粟田務代表(72)は「素人とは思えない出来栄え」と満足そう。サロンのスタッフ女性(81)は「高齢者の多い地域がさらに元気になる。パンの製造も増やすので、多くの人に味わってもらえる」と喜んだ。

 3日は午前9時~午後1時にサロンがオープン。リサイクル品の販売や野菜の直売などもある。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ