淡路

  • 印刷
花を植えた花壇に看板を立てる児童ら=洲本市港2
拡大
花を植えた花壇に看板を立てる児童ら=洲本市港2

 兵庫県洲本市の洲本第二小学校の3年生が5日、洲本高速バスセンター前の花壇で、住民団体「内町を美しくしよう実行委員会」と冬に見頃を迎える花の植え付けを行った。

 同実行委は、1年中草花が楽しめるようバスセンター周辺の花壇やプランターを維持管理する。子どもたちに環境問題などへの興味を持ってもらおうと、7年前から同校と花植えを行っている。

 この日は児童29人と実行委メンバー12人が参加。子どもたちは軍手とスコップを手に、指導を受けながらプリムラやビオラ、葉ボタンなど計500株を丁寧に植えて水やりをした。

 女児(9)は「土を深く掘るのが難しかったけど楽しかった。見た人にきれいだなと思ってほしい」と笑顔。実行委の吉岡國興会長(77)は「私たちも楽しく作業ができた。今後も続けていきたい」と話した。(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ