淡路

  • 印刷
来場を呼び掛ける座員と淡路人形=淡路人形座
拡大
来場を呼び掛ける座員と淡路人形=淡路人形座

 伝統芸能・淡路人形浄瑠璃を受け継ぐプロ団体「淡路人形座」=兵庫県南あわじ市福良甲=は18日、和装の来場者に限定した特別公演「和のよそおい、大人のお出かけ」を開く。特別公演は新型コロナウイルスの流行後初めてで約9カ月ぶり。服装限定の公演も初の試みといい、演者らは「コロナで取り巻く環境は一変したが、新たな企画でこれまで浄瑠璃を見たことのない客層も取り込みたい」と意気込む。(西竹唯太朗)

 人形座は緊急事態宣言が発令された4月上旬から約2カ月間休業し、営業再開後も1日計4公演を通して、入場客が2、3人程度まで落ち込んでいたという。最近は回復傾向にあるが、いまだ団体客の戻りは遅く、苦しい状況が続く。

 特別公演は演者の一人が呉服店を訪れたことがきっかけで企画。和服を持っていても着ていく場がない-という人が多いことを店主から聞き、「気軽に和装で訪れることができる場所を」と打ち出した。

 演目は源義経の側室、静御前を題材にした「義経千本桜 道行初音旅」。兄頼朝に疎んじられて逃亡する義経を慕い、静が家来の佐藤忠信と奈良の吉野山を訪れる旅程を描く。人形の着付けをテーマにしたトークショーや人形の衣装を舞台いっぱいに広げて披露する「衣裳山」の撮影会も予定する。

 人形遣いの吉田光太郎さん(46)は「和装限定でどんな効果が出るかは未知数。ただ、久しぶりの特別公演なので、楽しんでもらえる舞台にしたい」と力を込める。午後2時開演。前売り券大人2500円、高校生以下1500円、当日券大人3千円、高校生以下2千円。和装は着物のほか、浴衣や作務衣などでも可。淡路人形座TEL0799・52・0260

淡路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ