淡路

  • 印刷
懇談会で門康彦市長に要望書を手渡す津田豊商工会長(左)=淡路市役所
拡大
懇談会で門康彦市長に要望書を手渡す津田豊商工会長(左)=淡路市役所

 淡路市商工会(兵庫県淡路市)の会員らが市幹部と意見を交わす「行政懇談会」が30日、同市役所であった。人材派遣大手パソナグループの移転による住宅問題や、交通インフラの整備などについて話し合った。

 同商工会が毎年開く。今年は商工会役員9人のほか、パソナやプライミクスなどの誘致企業から8人が参加。市からは門康彦市長や担当部長ら8人が出席した。

 参加者からは「パソナの進出もあり、従業員の借り上げ社宅が不足している」と住宅の拡充を求める声が続出。市は「市営住宅の新築は予定していない。民間の動きなど情勢を見ながら対応していく」とした。パソナグループの役員は「現在確保している借り上げ社宅は約500室。ここ半年ほどで計約700室のめどが立っている」と報告。「さらに500室が必要だが、パソナとしてきちんと整備をしながら一緒にまちづくりをしていきたい」と話した。

 ほかにも、通勤手段の充実や、コロナ禍で打撃を受けた商店などへの救済策についても議論。商工会は県の補助金の確保などを求める要望書を、門市長に提出した。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(12月4日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ