淡路

  • 印刷
陶芸や書など、多彩な作品が並ぶ展示会場=しづのおだまき館
拡大
陶芸や書など、多彩な作品が並ぶ展示会場=しづのおだまき館

 兵庫県淡路市総合文化祭・地域交流文化展が同市内の公共施設で開かれている。15日まで、絵画や書作品など約70点が市内5地域を巡回するほか、それぞれの会場の地元団体が力作を出展する。

 同市文化協会の協会設立15周年記念事業。日本画や書道、写真や陶芸など、同協会に加盟する計65団体が参加する。

 1~3日は津名地域のしづのおだまき館で開催。会場には花の色紙絵や陶芸の花瓶、繊細な彫刻を施した木工作品などが並ぶ。同協会の戎悦子会長は「新型コロナウイルス感染防止のため、例年より縮小しての開催となった。1年間の集大成をご覧いただきたい」と話す。(内田世紀)

 日程は次の通り。

 4~6日、ふるさとセンター(一宮地域)▽7~9日、岩屋事務所▽10~12日、北淡公民館▽13~15日、サンシャインホール(東浦地域)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ