淡路

  • 印刷
音楽フェスを主催する高校生ら=洲本市本町4
拡大
音楽フェスを主催する高校生ら=洲本市本町4

 若い力で兵庫県の淡路島を盛り上げようと、島内の高校生らでつくる「Awaji.Acoustic.Team(あわじアコースティックチーム)」が28日、洲本市民広場で、歌やダンスを披露する野外イベントを開く。出演するのも中高生ばかりで、「若い世代が頑張る姿をいろんな人に見てほしい」と意気込む。

 同チームは約1年半前、歌手を目指して上京する同級生のために、歌を披露できる場をつくろうと洲本実業高校の有志らを中心に結成。自前の機材などを用いて、イベントの企画運営や音響、照明などを手掛ける。昨年8月に音楽イベントを主催して以来、徐々に規模を拡大。これまでにイベントやオンライン配信を計4回行ってきた。

 今回はクラウドファンディングに挑戦し、集まった16万円の寄付金などを使って大きな舞台やスクリーン、新型コロナ対策などを整えた。舞台に上がるのは島内外の中高生10組で、弾き語りやラップ、ダンスなどを披露。イベントの様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信する。ポップスを歌ってトリを務める洲本高2年賀本瑚々那(ここな)さん(17)と野口桜花(さくら)さん(16)は「新型コロナの影響で沈んだ気持ちが少しでも明るくなってもらえたら」と話す。

 洲本実業高3年の中野雄一代表(18)は「僕ら3年生が卒業前にできる最後の野外イベント。懸命に準備をしてきたのでぜひ見てほしい」と力を込める。

 催しは午後4時から。無料。問い合わせは同団体のインスタグラムから。(吉田みなみ)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ