淡路

  • 印刷
完成した「千年蔵」をタンクからくみ出す「淡路千年蔵の会」の打土井博会長ら=千年一酒造
拡大
完成した「千年蔵」をタンクからくみ出す「淡路千年蔵の会」の打土井博会長ら=千年一酒造

 兵庫県の淡路島の日本酒愛好家グループ「淡路千年蔵の会」が特別に醸造した酒「千年蔵」が今年も完成した。22日、同県淡路市久留麻の千年一酒造で試飲会があり、会員5人が参加した。

 同会は同社の女将(おかみ)らが2002年に立ち上げたグループが前身。毎年酒蔵コンサートを開いたが、会員の減少から15年を最後に中断した。その後、再開を望む声が上がったため、地域住民が集い17年2月に結成。現在の会員は約60人で、酒の仕込みは4年目となる。

 同市生田産の酒米「五百万石」を使った純米吟醸酒で、同社が酒造りを担う。杜氏(とうじ)の上野山善彦さんは「今年は淡麗辛口の酒に仕上がった。ぬるかんで料理と味わうのに最適」と話す。

 試飲会はコロナ禍を考慮し少数の代表者で実施。タンクから採取したばかりの酒を味わった。打土井博会長は「国内では若者の日本酒離れが進むが、海外では人気が高まっている。文化を見直すためにも、仲間を増やしたい」と入会を呼び掛けている。

 年会費1万円。新酒が12月に、蔵の特選酒が7月ごろに届くほか、イベントなどへの招待がある。千年一酒造TEL0799・74・2005

(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • 8℃
  • 70%

  • 8℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

お知らせ