淡路

  • 印刷
アイスランドポピーなど色とりどりの花々=淡路市楠本(撮影・上田勇紀)
拡大
アイスランドポピーなど色とりどりの花々=淡路市楠本(撮影・上田勇紀)

 新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言の延長で兵庫県の措置が一部緩和され、15日は初めての週末となった。営業を再開したばかりの兵庫県立公園「あわじ花さじき」(淡路市楠本)では、アイスランドポピーなど色とりどりの花々が来場者を出迎え、コロナ禍で沈みがちな心を癒やした。

 県内で、緊急事態宣言は12日から31日までの延長期間に入っている。島内の観光施設では、県の措置に沿って、感染対策をしながら営業を再開する動きが本格化している。

 あわじ花さじきは宣言に伴い、4月25日から5月11日まで休園し、12日から営業を再開した。黄色やオレンジ、白など約6万6千本のアイスランドポピーは今月中が見頃といい、来場者が写真を撮ったり、園内を散策したりして楽しんだ。風が強いものの、昼間は日差しの下では暑いくらいで、夏の訪れを思わせた。(上田勇紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月14日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 21℃
  • 70%

  • 28℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ