淡路

  • 印刷
創刊号から第17号まで歴史を重ねる「淡路島文学」。編集人の宇津木さん(右)と松下さん=洲本市
創刊号から第17号まで歴史を重ねる「淡路島文学」。編集人の宇津木さん(右)と松下さん=洲本市

 兵庫県・淡路島に小説や詩、エッセーを発表する場をつくろう-。そんな思いから生まれ、淡路ゆかりの人びとが作品を持ち寄ってきた文芸同人誌「淡路島文学」が今年、創刊15年目を迎えた。教員OBや医師、元新聞記者ら多彩な書き手が執筆を重ね、島と時代の移り変わりを切り取ってきた。今年4月には最新の第17号を出した。創刊時からの発行人が亡くなり、編集のバトンをつなぐ2人は「何かを書きたいと思っている人への刺激になれば」と、一読を勧める。(上田勇紀)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ