淡路

  • 印刷
味方のスクイズバントで生還する洲本三熊の山崎将生投手(右)。左は八木の松下愛琉捕手=洲本市民球場(撮影・田中靖浩)
拡大
味方のスクイズバントで生還する洲本三熊の山崎将生投手(右)。左は八木の松下愛琉捕手=洲本市民球場(撮影・田中靖浩)
適時打を放つ北淡の築穴虎太朗選手=北淡西スポーツセンター(撮影・中村有沙)
拡大
適時打を放つ北淡の築穴虎太朗選手=北淡西スポーツセンター(撮影・中村有沙)

 「神明あかふじ米第33回兵庫県ジュニア軟式野球選手権大会」(神戸新聞社など主催)の南淡路ブロック大会と、北淡路ブロック大会が5日、開幕した。7月の本大会出場を懸け、熱い戦いを繰り広げた。

 南淡路は洲本市と南あわじ市の13チーム、北淡路は淡路市の7チームが参加。今年は新型コロナウイルスの影響で、両大会とも開会式を中止した。

 この日、南淡路は洲本市民球場で1回戦5試合を行った。スクイズバントや本塁打などのプレーが光り、マスク姿の保護者らが控えめに声援を送った。準々決勝は13日、準決勝と決勝は19日の予定。

 北淡路は北淡西スポーツセンターで、1回戦3試合を実施。選手は「ナイスボール」と声を掛け合いながら、夢中で白球を追いかけた。準決勝と決勝は13日を予定する。

 各ブロックの優勝チームは、7月17日に神戸市須磨区のG7スタジアム神戸(旧神戸総合運動公園サブ球場)で始まる本大会への出場権を得る。(吉田みなみ、中村有沙)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ