淡路

  • 印刷
金婚を迎えた夫婦の姿を撮影する会場=洲本市文化体育館
拡大
金婚を迎えた夫婦の姿を撮影する会場=洲本市文化体育館

 神戸新聞社は、兵庫県・淡路島内の金婚夫婦を祝おうと12日、記念写真の撮影会を同県洲本市塩屋1の市文化体育館で開いた。今年の「金婚夫婦祝福式典」(同社主催)は新型コロナ禍で中止に。せめて写真をと、島内3市から夫婦62組が参加した。

 会場には、地元写真店のカメラマンなどが待機。仲良く肩を寄せる夫婦を1組ずつ撮影した。写真はキャビネ判で、7月中旬以降に販売店が届ける予定。

 「妻には感心する」と話すのは、福田敏夫さん(75)=洲本市。63歳まで証券会社で仕事に打ち込んだ敏夫さんを、妻の初美さん(76)が家事や子育てをして支えた。旅行好きという2人は「コロナ禍が落ち着いたら北海道へ行こう」とほほ笑んだ。

 建築業を営む岡久雄さん(67)と朝子さん(67)夫妻=南あわじ市。2人とも建築現場で重機の運転などをしながら、家庭では子育てに奔走した。「健康でいられたことが1番の財産。今後も一緒に現場に立ちます」と話した。

 同式典は例年、県内一円で開催。島内では、5月23日に3市長と淡路県民局長を招き、表彰状と記念品の贈呈や祝辞などがある予定だった。これまでは式典後に参加者の集合写真を撮っていたが、今年から式典と撮影会の日程を分け、夫婦ごとに撮影できるようにした。(吉田みなみ)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(7月27日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ