淡路

  • 印刷
丘陵地の農園で見頃を迎えたラベンダー=パルシェ香りの館
拡大
丘陵地の農園で見頃を迎えたラベンダー=パルシェ香りの館
見頃を迎え、摘み取り体験もできるラベンダー畑=パルシェ香りの館
拡大
見頃を迎え、摘み取り体験もできるラベンダー畑=パルシェ香りの館

 兵庫県淡路市尾崎の観光施設「パルシェ香りの館」にある農園で、ラベンダーが見頃を迎えている。紫色のじゅうたんのように咲いた花が初夏の風に揺れ、甘い香りが広がる。恒例の摘み取り体験も始まり、来園者の人気を集めている。

 品種は、高温多湿に強い「イングリッシュラベンダー・グロッソ」。広さ約15アールの農園で約3千株50万本を栽培している。6月中旬から下旬が開花のピークという。

 摘み取り体験に来ていた神戸市中央区の女性(57)は、「3年前から毎年来ている。持ち帰ったら束ねてリボンを巻き、香りを楽しみます」と声を弾ませていた。

 観賞無料。摘み取り体験は30本200円。同施設の営業時間は午前11時~午後4時(緊急事態宣言が解除された後は午前10時~午後5時の予定)。TEL0799・85・1162

(中村有沙)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ