淡路

  • 印刷
ラベルをデザインしたびわゼリーを手に笑顔の延命寺桃花さん=津名中学校
拡大
ラベルをデザインしたびわゼリーを手に笑顔の延命寺桃花さん=津名中学校

 兵庫県淡路市立津名中学校2年の延命寺桃花さん(13)が、18日に市内全16小中学校の給食で提供されたびわゼリーのラベルをデザインした。完成したゼリーを手にした延命寺さんは「おいしそうに描けた」と笑顔を見せた。

 市給食センターは、地元の高級食材を使う「夢と希望のふるさと給食」として、特産品を使ったびわゼリーをメニューに採用。受注した食品製造「くろだ」(同県洲本市中川原町安坂)の黒田拓哉代表(46)が、「子どもたちにラベルをデザインしてもらっては」と提案した。

 同センターが津名中美術部に依頼したところ、約10人の部員が図案を考えた。市教育委員会職員や同センターの調理員らが選考し、淡い色彩と繊細なタッチで写実的にびわを描いた延命寺さんの作品を選んだ。

 幼い頃から絵を描くのが好きだったという延命寺さんは、1年時から美術部に入部。「びわは食べたことがないが、写真を参考にして描いた」と3点のデザイン案を提出した。「絵で賞をもらったことはなかった」といい、「友達からも好評だった。皆が食べているのを見てうれしかった」と喜んだ。

(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ