淡路

  • 印刷
出陣式で気勢を上げる立候補者陣営=淡路市内
拡大
出陣式で気勢を上げる立候補者陣営=淡路市内

 任期満了に伴う兵庫県淡路市議選は11日告示され、定数18に対し現職15人、元職2人、新人6人の計23人が立候補した。届け出を済ませた候補者らは、街頭などで人口減少対策や産業の活性化、福祉の充実などを訴え、舌戦をスタートさせた。(内田世紀)

 候補者23人のうち女性は2人。居住地の地域別では東浦が8人で最も多く、津名、一宮、北淡がそれぞれ4人、岩屋が3人となっている。党派別では公明2人、共産2人、無所属19人。

 11日は午前8時前から、候補者や代理人らが市役所の立候補届け出会場に次々と姿を現し、届け出順を決めるくじを引いた。書類を提出し、街頭演説用の腕章やのぼり旗など「七つ道具」を受け取ると、地元に戻り選挙事務所前などで出陣式を開いた。

 ある候補者は、約50人の支援者らを前に「臨海部で未利用となっている土地の有効活用を求めていく。地域を活性化させるために汗を流す」と決意表明。選挙カーに乗り込み、市内各地で支持を呼び掛けた。

 投票は県知事選と同じ18日午前7時~午後8時、市内40カ所で行う。期日前投票は12~17日の午前8時半~午後8時、市役所本庁舎と、岩屋、東浦、北淡、一宮の各事務所で実施する。

 10日現在の選挙人名簿登録者数は3万7189人(男性1万7668人、女性1万9521人)。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ