淡路

  • 印刷
協定を結んだ守本憲弘市長(左)と関西電力の大川博己ソリューション本部長=南あわじ市役所
拡大
協定を結んだ守本憲弘市長(左)と関西電力の大川博己ソリューション本部長=南あわじ市役所

 兵庫県南あわじ市はこのほど、関西電力(大阪市)と「持続可能なまちづくりに関する連携協定」を結んだ。両者はこれまで、近い将来の発生が予想される南海トラフ地震津波に備え、災害時の電力供給などについて協議してきた。今後さらに、再生可能エネルギー設備を導入しながら地域の防災力向上を図る。

 関電と自治体の同様の協定は県内では初という。政府は2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする方針を打ち出しており、連携を通じて脱炭素社会の実現にも貢献する。

 具体的には、バイオマス発電といった地産地消電源の利活用や災害用発電機の導入、市関連施設への太陽光発電機や蓄電池の導入などを検討するとしている。市役所で調印式があり、守本憲弘市長と関電の大川博己ソリューション本部長が協定書に署名した。(西竹唯太朗)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ